植物をつかっての空間設計をしていると空間そのものが生き物なのだと感じます。

植物とともにそこに人の暮らしが定着し、落ち着き、成熟してゆく。

そのためには全て華やかで見栄えしてという空間は商業施設などはそれで良いのですが、生活空間でそれはいずれ飽きるか疲れるかとなりがちです。

そうならないためにつくりこむ場面と、あえてつくりこまない場面を用意します。

人が手をかけつくりこんだものは人が手をかけなくなればとたんに廃れていきます。

もともとあったものをうまく取り入れれば、そこは当然手をかけずともキープ出来ます。

つくりこまれたガーデンに生える雑草は気になるものです。

森を歩いていて木の足元に草が生えているのを雑草だと気にする人はいませんね。

特に公共や大規模開発では全てを人の手でコントロールしようとしがちです。

今あるものを生かす。自然の力を借りる。

大切ですよね。

avatar
About Author

札幌市東区のOne & Nature。人(One) と 自然(Nature) をつなげるお手伝いができればとこの名前を付けました。個人の庭から街並景観まで、さまざまなライフスタイルに合わせて植物が身近にあり、そのたくましく育つ姿から力をもらえる。そんな空間づくりを目指します。